たるみ、しわを安く改善できるアルジルリン

しわやたるみが気になり出したら、もうそれは湯鬱になります。

 

特に40歳代に入ると、ホウレイセンが深くなり、おでこのしわが目立ち・・・

 

特に肌老化対策ができていなかった人は、40歳代前半で、目の下のたるみとか、頬のたるみとか出てきておばあさん顔になってきます。

 

若返り美容整形という方法がありますが、また注射一本でしわが軽減できるボトックス注射などもありますが・・・

 

一本数万円の世界、一年ももたません。

 

このご時世のそんな家計の余裕があるわけもないですよね。

 

そこで、安くしわやたるみの改善ができる化粧品として、アルジルリンをおすすめします。

 

ボトックス注射と少し似た原理ですが最近は塗るボトックスというものも話題になっています。

 

正確に言うとこれはボトックスではなく、似た作用を持つ「アルジリン」や「マイオキシノール」といった成分が配合されている化粧品のこと。

 

ボトックスほどの即効性はありませんが、家で気軽に試せるので、しわ対策として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

効果の原理は、ボトックスのように表情筋動きを抑制するというものではなく、

 

筋肉のこわばり緊張をとしい、しわやたるみをできにくくするという仕組みで、実際に効果が認められている物です。

 

出たての頃は、1万円以上はしましたが、今は色々な商品がでていて、1000円前後のものからありますので、試してみてはどうかと思います。

 

薄いしわならば数週間ぐらいで改善できる人がたくさん出ています。

 

もっとも私はあまり効果を感じなかったのですが・・・

ボトックス注射はどんなもの?

塗るボトックスでは効果が無かった場合は検討してもいいと思います。

 

ボトックスはボツリヌス毒素を注射する施術で、筋肉を麻痺させてしわをできにくくするものです。

 

メスを使わないプチ整形ということで、しわ対策としてのボトックスの人気は年々高まっています。ボトックスはすべてのしわに効くわけではありません。

 

ボトックスはいわゆる表情じわに高い効果を表します。

 

笑ったり話したりすることで現れるしわができにくくなりますが、それ以外の加齢や乾燥によって刻まれたしわには効果はさほどありません

 

ボトックスではすべてのしわが消せるわけではないと覚えておきましょう。いくら人気とはいえ、ボツリヌス毒素という響きに抵抗がある人もいるはず。

 

そういった人は、他のしわ対策を考えた方が無難です。

 

ボトックスは万能ではありません。ボトックスの効果は期限つきのものですし、大量に注入しすぎた場合にまったくの無表情になってしまうなどのデメリットもあります。

 

そういったことを理解していないとトラブルにもなりかねませんから、事前に施術する医師にしっかりと話を聞いておきましょう。